Interview

企業情報第二部 部長

Takashi Mukai

2020年中途採用

Q1

入社のきっかけは?

「M&A業界を大きく変えられる」と思ったからです。M&A業界は資料が紙ベースだったり、M&Aアドバイザーの経験に頼った営業手法が主流だったりと、アナログな部分が多く、まだまだ発展途上です。M&A業界に転職して何年か経ちますが、当初から非効率的と感じ、課題感を強く持っていました。人が手を動かす時間を削減できれば、それだけもっと質の高いサービスを提供することに集中できるはず。業界の発展には欠かせないポイントだと思っていました。佐上から「自身がM&Aをした際に、非常に非効率で属人的と感じ、テクノロジーを駆使して効率化したいと思ったことが起業に至った経緯」と聞き、同様の課題感を持っていると感じました。それがきっかけとなり、この会社の一員となってM&A業界を変えていきたいと思い入社を決意しました。

Q2

業務内容と仕事のやりがいを教えてください。

自身が担当する案件遂行とチームのメンバーのサポートです。
担当する案件では、譲渡を検討されているオーナー様との面談から始まり、M&Aの成立までを主担当としてご支援します。対象企業様の強みや弱み、将来性のポイント等をしっかりと理解し、両社が今後どのように成長をして行くのかイメージしやすいように提案することを心がけています。

やりがいを感じるのは、譲渡の支援をさせていただいたオーナー様から連絡をいただいたときです。M&Aをきっかけに会社が良くなったと伺うと、微力ながらお役に立てたのかなと感じられます。会社やそこで働く従業員の方の未来に関わる責任の大きな仕事ですが、心からいい仕事だと思える瞬間です。

Interview

Q3

1日の流れを教えてください。

  • 9:00
  • 出社

    メールのチェックや当日の打ち合わせ資料の最終チェックを行ないます。
  • 10:00
  • 譲渡企業のオーナー様と打ち合わせ

    オーナー様と一緒に会社の課題を洗い出し、どのような企業様をお相手とすることがいいのかディスカッションします。
  • 12:00
  • ランチ

    午後は外出することが多いため、お弁当を買って社内で簡単に済ませます。
  • 14:00
  • 譲受に関心がある企業様を訪問

    譲渡対象の企業様の概要を、資料を使ってご説明します。良いことだけをお話しするのではなく、どのようにご両社の課題解決ができるのかをご提案出来るよう心がけています。
  • 16:00
  • 帰社

    譲渡企業様からお預かりした資料を基に、その企業様の分析を行います。
  • 18:00
  • チームのメンバーとミーティング

    M&Aのご成立にあたって、越えるべきハードルは多いですが、時には社内弁護士にも相談しながらメンバー間でアイディアを出し合って解決方法を探ります。
  • 19:00
  • 成立予定案件の確認/帰宅

    ご両社の想いを滞りなく実現させるため、条件面のほか、法務や財務・税務面に問題がないか確認していきます。最後に翌日の面談の準備をして退社。

Q4

これからの目標はありますか?

M&Aというスキームを活用して、より多くの企業の成長をご支援することです。
近い将来、弊社自体が仲介業に留まらず、他の企業様の成長を直接支援することも出来ると思っています。
そのためにも、まずは最短距離で上場すること。そして弊社のコンセプトである「M&A×Tech」「完全成功報酬制」を世の中に浸透させ、業界に革命を起こし、業界の先頭を走っていくことが道筋になると考えています。
M&A総合研究所には、同じ夢を持ち、その実現を確信している優秀なメンバーばかりだと思っています。メンバー一丸となって目標達成のために取り組んでいきたいと思っています。このページをご覧いただいている皆様にも、実現を信じるメンバーの一員になっていただけたら嬉しいです。

その他のインタビュー - others interview -

M&A市場を、
次のステージへ

共に導く仲間を求めています。

Next Stage

エントリー