Interview

法人第一部 部長

Yuta Muroi

2020年中途採用

Q1

入社のきっかけは?

入社の決め手は2点あります。
1点目は「自分の職場はここだ」と確信したからです。1日のうち1/3以上の時間を仕事に費やすため、一緒に働くメンバーは非常に重要と考えています。採用面接の際にその事を伝えると、直ぐに弊社メンバーと会食の場を設けてもらいました。 この会食の中で、佐上が積極的に従業員の考えや意見に耳を傾けていると聞き、トップダウンではなく、裁量を持った理想的な働き方が出来ると思いました。入社前にM&A総合研究所で働くイメージを明確に持つことが出来たことが非常に大きかったです。

2点目は、AIの活用やDXにより業務を効率化する仕組みが出来ていることです。M&Aというと属人的かつレガシーな手法が一般的ですが、テクノロジーを取り入れているため、大幅な時間短縮が可能となっています。また、弊社メンバーは同業のM&A業界の出身者が多く在籍しており、各人の経験値も非常に高いです。この2つの要素からこの会社は伸びていくと確信を持ったことも入社の決め手になりました。

Q2

業務内容と仕事のやりがいを教えてください。

譲受先となる企業のソーシングを主として行っています。具体的には、①譲受希望企業様と面談を実施し、ニーズのヒアリングや条件を擦り合わせる②ニーズや条件に合致した譲渡希望企業様の紹介をしています。必要に応じて新規開拓を行なったり、時にはM&Aの実績がない業界や業種の支援をしたりする事もあります。

仕事のやりがいとしては、成果が目に見え、大きな達成感を味わえるということです。M&A業界は成果に応じてインセンティブを貰えるため、自分自身の努力や苦労した結果が目に見える形となって現れます。また、自身が携わり成約に至った案件が、プレスリリースとして社会に配信されることもあり、それを目にしたときにも経営課題の解決の一躍を担えたと非常にやりがいを感じられます。

Interview

Q3

1日の流れを教えてください。

  • 9:00
  • 出社

    メールのチェック、当日のスケジュールや資料の最終確認を行ないます
  • 10:00
  • 面談/譲受候補企業様①への提案

    遠方にいらっしゃる譲受候補企業様には電話で提案を行います。前日までに資料をお送りし、譲受候補企業様に譲渡希望企業様のイメージを事前に掴んでいただくことで、面談がより良い時間になるよう心がけています。
  • 12:00
  • ランチ

    お弁当を買って食べたり、他の部署の同僚と一緒にランチに出かけたりして過ごしています。
  • 14:30
  • 面談/譲受候補企業様②への提案

    都内近郊であれば、必要に応じて直接お伺いして提案を行ないます。
  • 17:00
  • 資料作成

    契約書関係の精査並びに各種案件のロングリストを作成。作成する中で疑問に感じた点もすぐに確認し、落とし込みます。
  • 19:30
  • 帰宅

    オンオフの切り替えが大事と考えているため、ゆっくり過ごしています。同世代が大半の職場のため、同僚と仕事後に食事に行く事もあります。

Q4

これからの目標はありますか?

努力と労力を掛けた分、結果として現れ、報酬として目に見える形で表れる業界に身を置いているからこそ、M&Aアドバイザーとして成約実績をどんどん積み重ねていきたいです。また、ゆくゆくは新聞記事に大きく取り上げられるような案件にも携わっていきたいと思っています。そのためにも日々の努力や自己研鑽を惜しまず、各企業様に対し、より真摯に丁寧に向き合い、絶対的な信頼感を持ってもらえるよう努めていきたいと思っています。

その他のインタビュー - others interview -

M&A市場を、
次のステージへ

共に導く仲間を求めています。

Next Stage

エントリー